カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

サイトからのフラワ-エンセンスボトル販売終了のお知らせ

このサイトからフラワ-エンセンスを販売するのは、2017年3月末で終了いたします。

くつろぎ空間多羅で扱うのは、対面または遠隔リ-ディングで調合したボトルのみになります。

フラワ-エッセンスは、合わないものを飲んでも害はありませんが、その人のその時のエネルギ-状態にぴったりのエッセンスを使った場合に、大きな効果か出るからです。

パ-ソナリティ障害の家族への対応に困難を感じている方へ

この会は終了しました。
次回は5月6日(土)の予定です。

BPD家族会(Borderline Personality Disorder-境界性パ-ソナリティ障害について家族どうしで情報交換や勉強を行う会)主催で、これまで東京と大阪で、定期的に、精神科医による講演会・グループワーク・家族や当事者の体験談・講演やディスカッションが開催されてきました。

2017年からは、名古屋で、2ヶ月に1回、定例会が開催されることになりました
。ただし、参加者が10名に満たない場合は、中止になる場合があります。

BPD当事者と関わりのある方(両親・兄弟姉妹・親族・パートナー・企業・知人・専門家)であればどなたでも参加できますので、お早目にご予約いただきますようお願い致します。
※BPD家族会は商業目的の会ではありません。

日時 2017年3月11日(土)14:00〜17:00(受付時間13:30〜)

会場 中スポーツセンター 2F 第1会議室

内容
第一部 境界性パーソナリティ障害(BPD)基礎講座
●BPDの診断基準(DSMの説明)
●症例を使って、BPDの症状の現れ方について説明
●BPD治療(日本の医療の現状について)
●病院・法的機関・心理療法・保健センターの違い
●BPDと向き合うにあたって(家族の在り方)

第二部 オープンダイアローグ
参加者の皆様が現在もっとも困っている当事者の症状を一つ選ぶ
A暴言 B暴力 C金銭 D自傷、依存 Eその他
5グループに分かれて、それぞれのテーマについてオープンに対話
そのあと、全体で対話の内容について感想を話し合う

受講費 3,000円/一人+振込み手数料各自負担

申込み方法
参加を希望される方は、下記の「必要事項」をご記入の上、BPD家族会事務局まで必ずメールでお申込みください。
事務局メールアドレス bpdfajimu@yahoo.co.jp
メール件名 3月11日(土) 名古屋 基礎クラス 参加希望
メ-ル本文 お名前(ペンネームでもかまいません)・あなたの立場・当事者の立場

申込み条件 母・父・姉・兄・弟・親戚・パートナー・友人・上司・部下・専門家
当事者の方はご参加いただけません。

カウンセリング予約
12:00〜13:00(60分)3,000円
13:00〜13:30(30分)1、500円

17:00〜18:00(60分)3,000円

担当 心理カウンセラー 奥野栄子

4月の週末予定

こちらのコ-チングやセラピ-は、スカイプまたは電話で行なうことができます。
対面の場合、一部週末は、木曽の開田高原にあるサロンでも行なっていますので、スケジュ-ルをご覧になってください。
原則として、平日は、名古屋でセッションを行なっています。
予定は変更になることがありますので、ご予約時にご確認ください。

ウシミズザクラ
4月1日(土)~2日(日)名古屋
4月8日(土)~9日(日)名古屋
4月15日(土)~16日(日)東京
4月17日(土)神戸

初めての方へ

くつろぎ空間多羅は、あなたらしく幸せに生きることを、さまざまな角度からサポ-トしています。
その一つとして、「たあら通信」では、セルフケアを中心にした情報を発信しています。
読者限定サ-ビスもありますので、こちらからご登録ください。

悩みの解決のために何が最適なのかわからない場合は、初回体験セッションがお勧めです。
叶えたいことがある場合や、やりたいことがわからない場合は、コ-チングをお勧めします。
セラピ-とコ-チングの違いについては、こちらをご覧ください。

どうにもならない寂しさの原因

先日、1時間のアクセスバ-ズを受けたクライアントさんが、その後でお茶を飲んでいる時にこう言われました。

「私は、どうにもならない寂しさが常にどこかにあって、これはお腹にいる時に母がそんな思いをしていたからかなぁと思ったり、どうしても気になっているので、今ヒプノセラピ-でその時に退行するのって出来ませんか?」

「続けてですか?まぁ今ならリラックスしてるから、すぐに深く入れるとは思いますけど・・・。では、その状況についてもう少し詳しく聞かせてください。」
と、しばらくカウンセリングをして、目的とテ-マを探っていきました。

その結果、確かにヒプノセラピ-が良さそうだったので、その思いの根本の原因になっている時点に戻るように意図して、退行していきました。

すると、その時点は、お母さんのお腹の中ではなく、その方の前世でした。
妹がいなくなって途方にくれている男の人が中世ヨ-ロッパにいた自分とのこと。

くわしく見ていくと、父も妹も家を出て行ってしまい、母親の言いつけを守って、頑固に誰の助けも借りずに一人で生きてきたけれど、本当にずっと寂しくて、73歳で人生を終えた時は、もっと自分に正直に、もっと人と楽しく交わって生きれば良かったと激しく後悔したという人生でした。

前世と今世の共通点や違う点を比較したり、前世の自分と今の自分とでメッセ-ジを伝えあったりしたあと、導いてくれている存在に会って、いろいろなことを教えてもらいました。

それらを通して、本当に自分で選んだ人生だということを確認されました。

振り返りの時に、
「だから、あの両親を選んだんですね~」
「あの主人で良かったんだ!」とやたらと納得されていました。

アクセスバ-ズを終えた時も、お顔が柔和に若々しくなっていましたが、さらにヒプノセラピ-のあとは、すっきりニコニコして、10歳は若返った感じになっていて、驚きました。

環境を変えることで自分の状態を良くする方法

たあら通信では、主に、自分自身の観念や状態を変える簡単な方法を紹介していますが、場合によっては自分を変えるよりもっと簡単で効果的な方法があります。
それが、環境を変えることです。
以前、たあら通信でご紹介した、環境を変えるための6種類の方法は、こちらからご覧ください。

脳が今幸せと錯覚する6つの行動

たあら通信」では、あなたらしく幸せに生きるためのちょっとしたヒントをお届けしています。
幸せというのは、客観的な状況ではなく、一人一人が心で感じるものですよね。

いつも平安な心でいられるといいのですが、生きていれば毎日いろんなことが起こります。
落ち込むようなことがあっても、そこからずるずると底無し沼に入っていかないために効果的なのは、脳が幸せだと錯覚するような行動をすることです。

以前、たあら通信で書いた「脳が今幸せと錯覚する6つの行動」を、こちらでご紹介しています。

9月は手放す月

ある程度スピリチュアルなことを学んでいると、私たちは、成長するため、魂を磨くために生まれてきたということがわかってきます。そのために、さまざまな体験をしているということも。
ただ、「自分を磨く」=「修行」=「厳しい・苦しい」という観念を持っている場合、かなり辛いものがあったりします。

先日のコ-チングセッションでも、クライアントさんが、「私、苦しまないと成長できないと思ってました!」っておっしゃってました。
「赤ちゃんは目まぐるしく成長していきますよね。その様子は、苦しんで成長しているようにみえますか?」と質問した時に、「楽しみながら成長してもいいんだ!」と気づかれたそうです。

そのあとで、「あれ?もしかして、私もその観念持ってる?」と思い、チェックしてみました。
しっかり持ってました~
もう手放すことにします。

9月は解放、完了の月で、不要なものを手放すチャンスのときです。
特に27日の今日は、ダブルで9のエネルギ-が作用するので、解放を後押ししてくれます。

手放す方法はいろいろありますが、不要な思い込みを紙に書いて、今まで役立ってくれたことに感謝して、破いて捨てる方法が簡単だと思います。
(観念のチェック法や不要な思い込みの手放し方等はたあら通信で紹介しています)